抗酸化作用のある食品がお肌の美白に効果的って本当?

「抗酸化作用」という言葉は、アンチエイジングや美肌などに関心がある方は聞いたことがあるのではないでしょうか。

抗酸化作用のある食品を摂ることで、アンチエイジングや美肌・美白などに効果があるといわれています。

いつまでも若々しく、シミやくすみのない肌でいることは女性の憧れですよね。ではそのためには、どんな食品をとることが効果的なのでしょうか?

抗酸化作用のある食べ物はなぜ美白に良いの?

シミやしわの原因はいろいろありますが、約80%が紫外線によるものだと言われています。

紫外線が皮膚にあたると活性酸素が発生します。この活性酸素が原因でシミの原因、メラニンが生成されるのです。ですから、活性酸素を除去する抗酸化作用のある食べ物を摂取することが有効なのです。

美白の大敵 シミはどうやってできるの?

シミができるメカニズムをもう少し詳しくご紹介しましょう。

紫外線にあたり活性酸素が発生すると、メラノサイトの働きが活発になり、チロシナーゼの生産を始めます。

チロシナーゼがメラノサイトの中のチロシンと結合してメラニンを作ります。

メラニンは細胞のDNAを紫外線から守るために作られるのですが、加齢などにより新陳代謝が衰えていたり、一度に大量の紫外線を浴びた場合メラニンを排出できず、色素沈着、つまりシミとなって残ってしまうのです。

美白に効果のある食べ物

美白に効果のある食べ物というと、ビタミンCを多く含んだ食品を思い浮かべる人も多いでしょう。もちろんビタミンCはメラニンの生成を抑制し、コラーゲンの原料になるのでとても有効です。

ビタミンC以外にも、チロシナーゼの働きを抑えることで注目されている食品もあるのでご紹介しましょう。


<トマト:リコピン>
活性酸素の除去とチロシナーゼの活性を弱めるというダブル効果を持つのが、トマトのリコピンです。リコピンは生で食べるよりも加熱したり、油と一緒にとることでさらに効果が高まります。

<鮭:アスタキサン>
鮭などに含まれるアスタキサンは、「史上最強のカルテノイド」と言われ、強い抗酸化作用を持ちます。活性酸素の除去、色素沈着やメラニンの生成の抑制に効果があります。

これらの食品を摂ることで、シミになりにくい肌を手に入れることができるかもしれませんね。

抗酸化作用のある食品で美白ケア!

抗酸化作用のある食品は、意外と身近なところにあります。美容と健康には、栄養バランスの摂れた食事が大切です。

今回取り上げた食品を上手に利用しながら、バランスのよい食生活をおくりましょう。

Pocket

スポンサーリンク
レスポンシブ
レスポンシブ
スポンサーリンク
レスポンシブ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です