酵素を利用した食生活「酵素食」で健康になる方法

酵素というと、健康にいいものという認識がずいぶん広まっていると思います。でも実際、酵素ってよくわからない、酵素って何が健康にいいの?という人も多いのではないでしょうか。

今回は、酵素初心者にもわかりやすい、酵素の健康効果と酵素食の始め方についてまとめました。

酵素って何?

まず、酵素って何かよくわからないという人のために、簡単に説明しておきます。

酵素というのは、私たちの生命維持に欠かせないほど大切なものだといわれています。その理由は、私たちが食べたものを分解消化して吸収するのも、その栄養素をエネルギーに代謝するのも酵素の働きによるものだからです。

詳しい説明は、以前の記事「酵素とは」をご覧ください。

酵素は食事から摂取できる

酵素は、もともと体内に存在しています。しかし、食物から摂取することも可能です。

先ほども触れたように、酵素は、食べ物の分解、消化吸収にかかわるものです。つまり、体内の酵素が不足すると、栄養をうまく体に吸収することができません。

また、酵素は代謝にも関わっているので、酵素が減少すると、エネルギー代謝がうまく行われなくなり、脂肪を蓄積しやすくなるのです。

酵素を多く含む食品とは

酵素を含む食品は、主に野菜や果物、そして発酵食品です。野菜や果物に含まれる酵素は、熱に弱いので、これらを効率的に吸収するためには、生のまま食することが大切になります。

つまり、酵素食に必要なことは、新鮮な野菜や果物を生のまま食べるということです。そして、もちろん、発酵食品を利用することも効果的に酵素を摂取する方法です。

酵素食のコツ

酵素を積極的に食品から取り入れて、健康に利用するのが酵素食です。そのためには、コツがあります。

まずは、酵素を含む野菜や果物を生食するということです。酵素は熱に弱いので加熱調理すると失われてしまいます。酵素を効果的に摂るためには、なるべく生で摂取するようにします。

同じ生食する際にも、食品をすりおろすことでさらに効果的に酵素を摂取できるといわれています。特に、皮ごとすりおろすと、消化吸収が良くなり、酵素を残らず摂取することができます。さらに、すりおろすことで食品に含まれる酵素が活性化されるのです。

すりおろしについては、詳しくは以前の記事「酵素を効果的に摂るには 〜すりつぶして食べることの大切さ〜」をご覧ください。

もうひとつ、おすすめなのは、発酵食品を利用することです。納豆やみそ、漬物などの発酵食品は、日本人にもなじみの食材です。これらの食品を毎日の食事にバランスよく取り入れて、身近なところから酵素食を始めてみてはどうでしょうか。

酵素食がある程度、習慣化すれば、体重の正常化は当然、身体も内蔵から軽く、劇的に快適な体調になりますよ。

Pocket

スポンサーリンク
レスポンシブ
レスポンシブ
スポンサーリンク
レスポンシブ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です