砂糖が引き起こす「害」

材料である砂糖(ショ糖)は、その製造工程において、

不純物を取り除く作業や漂白作業に化学薬品が使われています。

おまけに、砂糖特有のサラサラ感を出すために、天然の栄養成分が

取り除かれてしまっているのです。

また、成分そのものにも問題があります。ショ糖は、ブドウ糖と果糖が

くっついた二糖類です。ブドウ糖も果糖もそのままの単糖類なら人間に

とって大事な栄養素ですが、単糖同士がくっついたショ糖になると、

固い結合になってしまうため、切り離すのに相当な時間がかかり、

酵素や塩素(胃酸)でもなかなか離れません。そのため消化に使われる

炭水化物分解酵素(ペプシンやアミラーゼ)の量は膨大なものとなります。

ショ糖は、強烈な酵素阻害剤であり、また、消化されず腸に残ったショ糖は、

悪玉菌や真菌(カビ)の栄養となり、それらを繁殖させます。そのため、

善玉菌は減少し、腸内の腐敗が進んでしまうのです。

Pocket

スポンサーリンク
レスポンシブ
レスポンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レスポンシブ